給料3か月分って本当?

 婚約指輪の都市伝説とも言われる「給料3か月分」という謳い文句を聞いたことがあるという方は多いことでしょう。でも、婚約指輪が給料3か月分もするって、本当なのでしょうか?
 選ぶダイヤモンドの種類や大きさ、ショップやブランドなどによっても婚約指輪の価格は大きく変わってくるものになりますので、一概に給料何か月分は最低必要!ということはできません。しかし、反対に給料3か月分なければ婚約指輪が買えないというわけでもありませんし、給料3か月分用意しないと、いい婚約指輪を買うことができないというわけでもありません。

 だいたい、お給料なんて人それぞれですから、Aさんにとっての給料3か月分とBさんにとっての給料3か月分とでは雲泥の差・・・・・・なんて格差社会を感じてしまうこともあるでしょう。それにもともとはジュエリー業界が企業プロモーションのために作った謳い文句ということですから、高い設定になっていて、当然と言えば、当然なわけです。

 そうは言っても愛しい女性のためにできるだけいい婚約指輪を贈りたいと思うのが、正直なところではないでしょうか。街にあふれているジュエリーショップのショーケースの中に並んでいる指輪たちの中には、なかなか手の届かない価格のものもたくさんあります。でも、だからと言って気後れしてしまう必要なんてまったくありませんし、ここだけの話、値段に関係なくいい指輪はいいものなのです。
 たとえば、某有名ブランドの婚約指輪に使われているダイヤモンドやプラチナの台は、ブランドのバイヤーの方がきちんと選んだ素晴らしいものですが、その価格にはブランド料も入ってしまっています。これは仕方のないことですよね。でも、同じグレードのダイヤモンドやプラチナの台を使って婚約指輪を作ったとしても場合によっては価格をぐっとおさえることもできます。

 多くの男性が実際に婚約指輪にかける費用は3〜40万円が主流ということですから、それだけかければそれ相応の指輪が買えて当然という気もしますし、最近では10万円くらいからでもプラチナにダイヤモンドの入った指輪を用意することができるようになってきているようですので、ご自分の予算とお相手の女性への愛と指輪のグレードを天秤にかけて記念になるものをお選びになっていただければよいのではないかと思います。

購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法