ダイヤモンドの4Cとは?

 婚約指輪と言えば、やはりダイヤモンドをイメージされる方も多いことでしょう。ダイヤモンドの良さを決める4Cという基準をご存じでしょうか?
 ダイヤモンドの4C(Four-Cs)とは、カラット(Carat・重量)、カラー(Color・色)、クラリティ(Clarity・透明度)、カット(Cut・バランスや研磨の仕上げの状態)の4つを意味しています。

 カラットは、ダイヤモンドの重量(重さ)を表すもので、1カラットあたり0.2グラムになっています。カラット数が大きければ大きいだけ、大きなダイヤモンドということになります。

 カラーには、ダイヤモンドの色合いを表すもので、アルファベットのDからZまでの等級があります。Dグレードがもっとも無色に近いもので、Zグレードに近付けば近付くだけ黄色に近くなっていきます。ダイヤモンドは、無色透明なものほど輝きが増すものになっていますので、人気があります。ただ、見た目にはD〜Fグレードのダイヤモンドであれば、ほぼ無色透明に見えるものになっていますので、それほど変わりはないでしょう。ただし、Kグレードくらいから黄色味がみられるようになってきますので、お気を付けいただきたいと思います。カラーには、ほかにもブルーやピンク、バイオレット、グリーンといった色もあります。

 クラリティは、ダイヤモンドの透明度を意味しています。ダイヤモンドに含まれる不純物や内包物がないものほど高い等級になり、全部で11段階に分けられています。等級は、上からFL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3で、FLをフローレス、IFをインターナリーフローレスと呼びます。一般的には、VVSクラスのものであれば、見た目にはほぼおわかりにならないと思いますし、SIクラスのものでも肉眼では内包物を見つけることは難しくなっています。

 カットは、ほかの3つの基準が素材のよさであるとすると、職人さんの腕によるできのよさになります。カットは、その形を示すプロポーションと、仕上げのフィニッシュの総合によって等級が付けられます。カットの等級は全部で5段階であり、EX(エクセレント・EXCELLENT)、VG(ベリーグッド・VERY GOOD)、G(グッド・GOOD)、F(フェア・FAIR)、P(プア・POOR)となっています。またこの5つの上にIDEALという等級が見られることもあります。

 これら4つの基準のレベルが上がれば上がるほどダイヤモンドの価値も上がることになります。もちろん、すべての基準を一定以上クリアするダイヤモンドを探すことはとても大変なことですが、カラットは押さえて、クラリティやカットに重点をおいてダイヤモンドを選んでいただくこともできますし、反対にカラーやクラリティのことは二の次にされて、カラットに重点をおいてダイヤモンドをお選びになっていただくこともできますので、ひとつひとつのダイヤモンドを吟味されてお選びになられるとよいでしょう。 

購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法