ダイヤモンドは高くないと駄目?

 さて、婚約指輪と言えばダイヤモンド、ダイヤモンドと言えば高価なことで有名ですよね。普段使いにするジュエリーに小さなダイヤモンドが埋め込まれているものをお使いになっている女性の方は多いですし、最近では人工ダイヤモンドであるキュービック・ジルコニアが使われているお手頃価格のジュエリーもたくさん販売されています。でも、婚約指輪は一生ものですから、できるだけいい品質のダイヤモンドが使われているものが欲しい、いい品質のダイヤモンドを贈りたいという方も多いことでしょう。

 実際に婚約指輪を探される際には、百貨店や路面店など、比較的ふらっと立ち寄りやすい場所にあるジュエリーショップにまずは入ってみられるという方も多いと思います。いくつかのショップを見て歩くうちに、ショップによって、婚約指輪の価格帯に差があることにお気づきいただくことができるでしょう。

 有名ブランドのジュエリーであれば、それだけ価格帯も高めに設定されていることが多くなっています。ブランドの箱や刻印がある、有名なデザイナーのものであるという付加価値はともかくとして、実際のダイヤモンドやプラチナ、ゴールドといった素材では、こうした有名ブランドのものと大差のないものもたくさん販売されています。同じ大きさのダイヤモンドが埋め込まれている指輪でも、ブランドやジュエリーショップによって価格が少しずつ変わってきますし、場合によっては、某有名ブランドの一番グレードの低いダイヤモンドリングと同じ価格で、別のジュエリーショップでは、グレードが何段階か上のダイヤモンドが入った婚約指輪を購入していただくこともできるようになっています。

 いざ婚約指輪を探そうとお考えになられる際には、こうした婚約指輪そのものの価値と、ブランド名などの付加価値との間でお悩みになられる方も多いことでしょう。ここ最近では、自社で買い付けからデザイン、販売までをこなすことで、破格の値段でダイヤモンドの入った婚約指輪を提供しているジュエリーショップもあります。ダイヤモンドの価格には購入になるショップによって雲泥の差が生じているということを念頭に置かれて、品質のよいダイヤモンドをお探しになっていただきたいと思います。 

購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法