link 婚約指輪は誰が選ぶ?-失敗しない婚約指輪選び!

婚約指輪は誰が選ぶ?

 ポケットから指輪の箱を出して彼女にプロポーズ、なんて渡し方をドラマや映画で見かけたことがある方も多いことでしょう。でも、実際問題、婚約指輪はだれが選んでいるのでしょうか?
 男性の中には、ひとりでジュエリーショップに入って、婚約指輪を探すのはなんだか気恥かしいという方もいらっしゃるでしょうし、女性側としては、男性に選んで欲しい気もするけれど、せっかくの婚約指輪なので自分好みのものを選びたいという方もいらっしゃることでしょう。ポイントとしては、プロポーズの際にドラマや映画のようにサプライズで手渡しをして欲しいと思う女性がいる反面、せっかくだから自分好みのものを選びたいという女性もいるということでしょうか。そして男性の中にもせっかくだから自分が選んだものを内緒で用意してプレゼントしたいという男性もいます。なんだかこう考えていくと、なるようにしかならないような気もしてしまいますが、さりげなく、どういったジュエリーが好きなのか、ということについて日ごろから話されておかれますといざというときに困ることがなさそうです。

 キュートなタイプのものがいいとか、ゴージャスなものがいいとか、エレガントなものがいいとか、こういった形容詞を付けてジュエリーの好みを聞いておかれるだけでも、だいぶデザインを絞っていただくことができるでしょう。特に、男性がおひとりで選ばれる際には、彼女が普段身に付けているアクセサリーのデザインをよくご覧になっておかれたり、そういったアクセサリーを褒める形でジュエリーの趣味について聞いておかれたりするのもおすすめです。

 最近では、プロポーズが済んでから、おふたりで婚約指輪も結婚指輪もお探しになられるというカップルも多いようです。プロポーズをするから必ずそれまでに婚約指輪を用意しなければ!というわけではありませんので、彼女の好みに合ったものを贈りたいという方や、おひとりで選ばれる勇気を持てそうにない・・・・・・なんていう方はプロポーズの後、おふたりでお選びになられるのもよいでしょう。
 また中には、予算だけお話をされて、全権を女性側に託してしまう!という男性もいるようです。もしもおふたりでお選びになられるのでしたら、彼女の「どうしよう」という相談や「どっちがいいと思う?」という相談にはきちんと誠意をもって対応していただくことが大切です。
女性の方もどうしても自分で選びたい!という方や、どうしても彼に選んで欲しい!という方はそういうのが夢なんだよね、という形でアピールしておかれるのことをおすすめしたいと思います。

購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法