婚約指輪の古い歴史

 近年では、プロポーズの際や結納の際にお相手の女性に男性側から婚約指輪を贈ることが多いですよね。婚約指輪はエンゲージリングと呼ばれ、ときには結婚指輪(マリッジリング)と合わせてブライダルリングという呼ばれ方をすることもあります。でも、この婚約指輪、いったいいつ頃から男性から女性に贈ることになったのでしょうか?

 婚約指輪の歴史はとても古く、時代は古代ローマにまでさかのぼります。その昔は、愛しい女性に男性側から永遠の愛を誓って贈るというロマンティックなものではなく、結婚の契約の証としてお相手の家から贈られるものだったようです。当時の婚約指輪は、主に鉄製であったと伝えられています。鉄の指輪というと、なんだか頑丈そうではありますが、あまり美しいイメージはありませんよね。それでも、家と家のしっかりとした結びつきを表すためにはぴったりの素材であると考えられていたようです。

 古代ローマの時代から何世紀にもわたって少しずつ少しずつ婚約指輪の素材やデザインは変わっていくことになります。時代の流れとともにイニシャル入りのものになったり、素材がゴールドやプラチナといったものになってきたりしていきます。婚約指輪の変遷には、ヨーロッパの王室や教皇が深く関わっており、王族や貴族の結婚の際に用意された婚約指輪が一般にも広まっていくことになったようです。
 現代のように高価な婚約指輪を贈るようになったのは、9世紀の教皇ニコラス1世の時代からであると言われています。最近ではあまり聞かなくなってきましたが、その昔、婚約指輪は、結婚後、女性が経済的に困るようなことがあったときのためのへそくりのような役割も担っていたようです。

 婚約指輪と言えば、プラチナの台にダイヤモンドがきらっと光るデザインがオーソドックスであるように思われる方も多いと思いますが、婚約指輪にダイヤモンドが使用されるようになったのは、15世紀になってからのことで、婚約指輪の古い歴史から見れば、最近のことであるとも考えられます。
また、日本で婚約指輪が広まったのは、20世紀後半に入ってから、ということですから、婚約指輪の長い歴史に比べて、日本での歴史はまだまだ浅いものであると言えるでしょう。それでも、20世紀終わりには、カップルの8割近くが婚約指輪を用意するようになっていますから、かなりのスピードで婚約指輪の伝統が日本にも広まっていったということができます。


購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法