素材にこだわる?

 婚約指輪のデザインにこだわりが出てきますと、婚約指輪に使われている素材にもこだわりがでてきてしまわれる方も多いことでしょう。
 婚約指輪と言えば、プラチナの台にダイヤモンドが定番中の定番ですが、ダイヤモンドの代わりにお相手の女性の誕生石を入れる方もたくさんいらっしゃいます。誕生石は、身に付けているとその人を守ってくれるパワーを持っているとも言われています。大粒の宝石が一粒輝く婚約指輪も素敵ですが、大粒の宝石の左右に小さな粒の宝石を配置するのも素敵です。また、中央には誕生石、左右にダイヤモンド、というデザインを選ばれる方もいらっしゃいますし、中央にダイヤモンド、左右に誕生石や、ダイヤモンドを配置される方もいらっしゃいます。いくつもの宝石を横に並べるタイプのデザインをお選びになられる方もいらっしゃいます。

 また、プラチナの代わりに肌の色に近く合わせやすいピンクゴールドや、イエローゴールド、ゴールドなどといった素材をお選びになられる方もいらっしゃいます。こうした素材は肌うつりもいいですし、プラチナにダイヤモンドといったオーソドックスなデザインよりも普段使いのアクセサリーとしてお使いになっていただくこともできますので、そういった素材をあえてお選びになられるのもおすすめです。女性の場合には、結婚指輪にプラチナのものをお選びになり、ダイヤモンドが入っているものをお選びになられることも多くなっていますので、似たようなデザインの婚約指輪をお持ちになられるよりも少し趣向の違った婚約指輪をお持ちになられるのもよいでしょう。

 素材にこだわって婚約指輪をお作りになられる場合には、それこそ、オーダーメイドをすることができるジュエリーショップをお選びになられることをおすすめ致します。多くのジュエリーショップでは、セミオーダータイプの婚約指輪や結婚指輪を用意していますが、中にはフルオーダータイプの婚約指輪や結婚指輪を用意しているジュエリーショップもあります。素材にこだわってお選びになられる場合には、オーダーメイドといった方法をお選びになられるのもよいでしょう。

購入前に必見!

同じ予算でグレードを落とさずに購入する方法